古川なおきの政治理念と政策の主張にご賛同頂き、政治活動をお支え頂ければ幸いです。 皆様から頂戴した貴重な浄財(献金)は、古川なおきの政治活動に大切に活用させて頂き、政治資金規正法に基づきご報告させていただきます。何卒古川なおきにお力添えを賜りますよう心よりお願い申し上げます。

献金にご協力頂ける場合は、【注意事項・同意事項】をご確認の上、お申込み頂ますようお願い致します。献金申込み受付後、古川なおき事務所よりご連絡申し上げます。

    【注意事項・同意事項】

    ※政治資金規正法により、年間5万円を超えた額を寄附されますと、住所・氏名・金額・年月日・職業が選挙管理委員会宛の収支報告書に掲載、開示されます。 ※年間5万円以下のご献金であっても、寄附金の控除を受けた場合、住所・氏名・金額・年月日・職業が選挙管理委員会宛の収支報告書に掲載、開示されます。 なお確定申告の際には当事務所発行の領収書をご提出下さい。その後翌年7月前後に当事務所より選挙管理委員会の確認印を付した、寄附金控除のための書類を送付させて頂きますので、税務署にご提出ください。 ※会社・労働組合等の寄附の制限 会社・労働組合・その他の団体(政治団体を除く)は、政党(支部)・政治資金団体以外への「政治活動に関する寄附」(選挙運動を含む)が禁止されています(政治資金規正法 第21条)。 国または地方公共団体から、補助金・助成金・交付金・負担金・利子補給金その他の給付金の交付、若しくは資本金等の出資を受けている会社その他の法人は、政治活動に関する寄付をすることができません(政治資金規制法22条の3)。 ※外国人・外国法人等からの寄附(政治資金規正法 第22条の5) 外国人、外国法人又はその主たる構成員が外国人若しくは外国法人である団体その他の組織から政治活動に関する寄附を受けることはできません。 ただし、主たる構成員が外国人又は外国法人である日本法人のうち、上場会社であって、その発行する株式が証券取引所において5年以上継続して上場されている者等からの寄附は除かれています。 ※他人名義・匿名による寄附(政治資金規正法 第22条の6) 本人以外の名義又は匿名により政治活動に関する寄附をすることはできません。ただし、街頭又は一般に公開される演説会若しくは集会の会場において政党又は政治資金団体に対してする寄附でその金額が1,000円以下のものに限り、匿名による寄附をすることができます。 ※一の寄附者から同一の受領者への寄附の年間限度額 [個別制限] 一個人から一資金管理団体への献金額は、年間150万円までです(政治資金規正法 第21条の3)。その他の政治団体から一資金管理団体間でなされる寄附は、5,000万円までです(政治資金規正法 第22条の1)。