こんにちは!衆議院議員候補 神奈川県6区(保土ケ谷・旭)の 古川なおき です!

私は7期・26年間、横浜市会議員として地域の声を政策や条例にして議会で実現し、早朝の駅頭では学生ボランティアの方々と活動を続けてきました。

横浜市政では、コールセンターや日産スタジアムのネーミングライツ、学校や公共施設の木造化など課題を解決する先進的な政策や政策条例を数多く提案してきました。また地元では、一緒に活動してきた保土ケ谷区・旭区の自民党所属県市会議員の方々と連携して、鶴ヶ峰駅付近の連続立体交差事業、学校の建て替え、相鉄・東急直通線、2027年国際園芸博覧会、保土ケ谷区・旭区内の駅周辺の街づくりなど国と連携する事業にも取り組んでいます。

この度、私が26歳の最年少で横浜市議会議員に立候補した時の想い、「政治に信頼を取り戻す」ことを胸に、誰ひとり取り残さない持続可能な未来を実現するために、国政へのチャレンジを決断しました。

どうか皆様のご理解とご声援を、心よりお願い申し上げます。

古川なおきレポート最新号

古川なおきレポートバックナンバーはこちら

LINE公式アカウント(古川なおき)

古川なおきの情報を配信してまいります。お手持ちのスマホでQRコードを読み込みご登録ください。